萩准看護学院は北浦地域唯一の准看護師養成所で、史跡と豊かな水と緑の多い、自然に恵まれた閑静な地にあります。萩市保健センターと長北医療センターの間に位置しています。

 歴史は古く、大正7年、阿武萩看護婦講習所として開設され、移転や名称変更などを経て、昭和61年現在地に萩准看護学院として新築移転し、80年の伝統と共に今日に至っております。

 一学年の定員は30名ですが、すでに1,200名以上の卒業生を送り出しており、一人一人に目を掛けるマン・ツー・マンの教育を心掛けています。

 平成7年度開校の山口県立萩看護学校には、当学院から毎年多くの者が進学しています。

 心身共に健康で、他人に対して思いやりのあり、信念を持ってやり遂げる意思の強い方の入学を歓迎します。


平成28年度