【薬の飲み方(1)】
 - 食前・食後・食間とはどういう意味ですか?? -

 薬の入っている袋を見ると、食前・食後・食間などの指示がかいてあります。いったいどういう意味でしょうか??。
 「食前」とは食事の30分前から60分前に薬を飲むという意味です。例えば、吐き気を止める薬は、その使用目的からいっても食前の服用は当然です。食事の前には胃の中は空っぽなので、薬はすぐに溶けて吸収され、効き目も速く現れます。漢方薬は、食べ物と混ざり合うと効き目が弱くなるので、食前の服用が一般的です。最近、糖尿病の薬で、食前に飲まないとうまく効かない薬が出ました。
 「食後」とは、食事の後、約30分以内に薬を飲むことをいいます。例えば、胃の粘膜を荒らしてしまうような薬では、食後に服用することで薬が食べ物と混じり合って胃に対する刺激が弱められます。その他、消化酵素などは、食べた物の消化を助けることが目的ですので食後に飲みます。空腹の時に飲むと逆に胸焼けなどを起こすことがあるので注意が必要です。
 食後に薬を飲むもう一つの大事な目的は、薬の飲み忘れを防止することです。このような場合には食後30分も待たなくても、食直後に飲むこともできます。また、食前に飲んでも効果はほとんど同じですから、医師に相談の上、自分の都合のよい飲み方に変えてもらうことも可能です。
 「食間」とは、例えば朝食と昼食の間に薬を飲むことです。食後約2時間ぐらいが目安です。決して食事の最中に飲むことではありません。例えば、胃潰瘍の薬は、胃の粘膜のキズに直接作用して保護する必要があるわけですから空腹の時がよいわけです。